【ビリオンスクール】加賀美零と芹沢一花は異母姉弟の関係?!理由4つ!

【ビリオンスクール】加賀美零と芹沢一花は異母姉弟の関係?!理由4つ!

2024年7月から放送のドラマ『ビリオンスクール』。

そんなドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零(山田涼介)と芹沢一花(木南晴夏)が姉と弟の関係ではないか?と噂されていますが、本当でしょうか。

今回は、ビリオンスクールの加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係なのか、言われる理由4つをご紹介します。

目次

【ビリオンスクール】加賀美零と芹沢一花は姉弟の関係?!

2024年7月から放送のドラマ『ビリオンスクール』。

そんなドラマ『ビリオンスクール』で、加賀美零(山田涼介)と芹沢一花(木南晴夏)が姉と弟の関係なのでは?という声が複数上がっています。

たしかにビリオンスクールで加賀美零と芹沢一花が姉弟ではないかという噂がありますね。

オウムさん

たしかに2人って何か通じ合ってる感じするよね

結論から申し上げると、

ビリオンスクールの加賀美零と芹沢一花が姉弟かは現在(第1話)では不明

です。

ドラマ『ビリオンスクール』は原作は無く、完全オリジナルストーリーとなっており、先の展開は分かっていません。

チーターさん

残念…

では、ドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係では?と言われる理由3つをご紹介していきます。

【ビリオンスクール】加賀美零と芹沢一花が姉弟と言われる理由4つ

ドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係では?と言われる理由は、以下の4つです。

①社長への態度ではない

ドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係では?と言われる理由1つ目は、「社長への態度ではない」です。

CEO(社長)である加賀美零と、加賀美零の秘書として務めている芹沢一花という関係だと思われますが、

芹沢一花の態度がかなり馴れ馴れしいため、姉と弟の関係なのでは?

と噂されています。

芹沢一花が加賀美零に対して馴れ馴れしいと言われるシーンはこちら(一部)

たしかに普通の秘書なら社長にこのような馴れ馴れしい態度はしませんが、ドラマの中なので許される存在なのでしょう。

②年齢

ドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係では?と言われる理由2つ目は、年齢です。

加賀美零役の山田涼介さんと芹沢一花役の木南晴夏さんの年齢差が、7歳なため「姉と弟の年齢差では?」と言われています。

  • 加賀美零役・山田涼介の年齢:31歳(1993年5月9日生まれ
  • 芹沢一花役・木南晴夏の年齢:38歳(1985年8月9日生まれ)

たしかに姉と弟の年齢差でもおかしくありませんね。

③芹沢一花のセリフ

ドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係では?と言われる理由3つ目は、芹沢一花が秘書以上?

ビリオンスクール第1話で芹沢一花は、

社長を脅かす者は私が排除しますので

と発言しています。

芹沢一花が秘書であるから「雇い主として加賀美零が大事」という範疇を超える雰囲気があったため、姉と弟ではないかと噂されていますね。

ドラマの演出として、加賀美零と芹沢一花のバディ感を出しているのかもしれませんね。

④子供時代

ドラマ『ビリオンスクール』で加賀美零と芹沢一花が姉と弟の関係では?と言われる理由4つ目は、子供時代です。

ビリオンスクール第1話で、加賀美零と芹沢一花の子供時代が回想シーンで出てきます。

加賀美零と芹沢一花の子供時代はこちらです。

子供時代から一緒にいたようなので、姉と弟の関係か?と言われています。

しかし、子供時代から芹沢一花が加賀美零に敬語を使っているため、姉と弟と言っても訳ありかもしれません。

オウムさん

異母姉弟だから、一花は正式に子供として迎え入れられずに「加賀美零の付き人」になった?とも言われているよ

ビリオンスクールの加賀美零と芹沢一花は姉弟ではない?

ビリオンスクールの加賀美零と芹沢一花が

  • 子供時代から一緒にいたが、敬語
  • 芹沢一花が別に住んでいた可能性

前述した通り、子供時代に一緒にいた加賀美零と芹沢一花ですが、敬語を使っていることから「子供のころから主従関係」にあったのでは?とも言われていますね。

また、ビリオンスクール第1話で芹沢一花が、

(西谷君は)引っ越し費用が払えないんですよ
私にも似たような経験が

と言っています。

芹沢一花は元々加賀美零の家にいたわけではないことが分かりますね。

チーターさん

加賀美零と芹沢一花の関係好きすぎる~もっと2人の関係深堀りされたりするかな~

今後の『ビリオンスクール』の展開が楽しみですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次